スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.12.02 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

今日の「パチスロ ヒデキに夢中」の一言

ヒデキに夢中

 何だかどうして

   相性いい?



いや、知らなかったんですが2チェのギャランドゥ突入って6000分の1の確率だったのですね?
実際、パチスロ「ヒデキに夢中」は勝てる気がしないのでほとんどやらず、現在のところ台に座ったのは数えて10回もないはずです。それでも、チェリー&Gの画面は5回くらい見ています。

考えてみれば、その10回でも負けたという印象は余り無い。
1回は4000枚近く出しているし・・・・・。ヒデキに夢中だけで考えればトータル勝ちしているかも。

でも、やっぱり座るのためらうんだよな、この台(´・ω・`)

「フォーガットン(forgotten)」 映画DVDの感想(ネタバレ有)

フォーガットン
フォーガットン


さて、期待していたサスペンス映画「フォーガットン」ですよ。
DVD借りましたよ。
見ちゃいましたよ。

さて感想です。


ダメだコリャorz


いきなりですがいきなりな感想です。
つーか本当にダメだこりゃ。

いや、最初っからSFエイリアンB級ホラー映画と知っていて観ていれば別の感想でしたよ。


でも、知らんかったもん。
単にサスペンス映画、ミステリ映画だと思っていたんだもん。

事故で失った子供の記憶・記録が消されていく・・・・・
最初から息子はいなかったこととなっていく。
なぜ?
誰かの陰謀か?
夫たちが騙しているだけなのか、それとも自らの精神がおかしいのか。
極限の状態まで追い詰められる母親。
誰が自らの味方で、誰が自分の敵なのか。
真実はいったい。


そういうサスペンス映画だと思ったんだもん。
そりゃ超常現象がからんでくるかなぁとは思いましたよ。借りるときに。
でも、レンタルのときにDVDの箱に書いてある説明文も読まなかった。
映画公開時にも具体的なものは読まなかった。
余計な知識を持たずに観てみたかったからなのでありますよ。

で、結局は

ダメだコリャ

という感想になってしまいましたことよ。

映画自体のつくりは悪くない・・・・・と思えなくもない。
音楽とか映像のからみ方も悪くない・・・・と思えなくもない。
スタートの上空から公園までカメラが近づいてくる映像をみて、ヘリコプターで撮影したものをCGで加工したのかな(風の影響がない)、うまい演出だな、とか思ったり。
最初の30分間は中々緊張感がありましたよ。
怒濤という言葉が適切か。どんどん話が進んでいって、おおこれからどうなるのだろう、と期待させてくれました。
ええ、期待だけさせてくれました。

ダメダメだし。


ええ、ピューっていくところはよかったですよ。

動きが面白くて。

ピューっていっちゃうんだから。それはそれで中々いい演出。

ぴゅー♪( ´∀`)


刑事もぴゅー。
男もぴゅー。
敵もぴゅー。
主人公もぴゅーされたら面白かったのにぃ。



しかし何ですかあのエンディングは。もう。

ヽ(`Д´)ノ

もう少し考えてエンディングを作ってくださいよ。あれで何を納得しろと?
モルダーとかスカリーが出てくるのを待て、と?
スモーキングマンとかが煙草ぷかぷか吸っちゃうよもう。


すなわちこの映画を一言で表すのであれば、

X−FILEの前段階の話

ということになりますかな。

金返せ!>ヽ(`Д´)ノ

道路関係旧4公団、資産の売却損310億円だってさ(゚д゚)

いいねえ。

んで、「バブル経済のことがあるから仕方ねーけど反省すべき点もある」とか言っているらしいっすよ。

いいねぇ。

普通の会社だったらまだしもねぇ。
道路公団だからねぇ。

高速道路代は無料になる、って話はどこにいったんでしょうねぇ。

道路を通すための用地買収だけならいいんですけれどもねぇ。

社会保険庁の方が気になるけれども、これもまたこれもまたって感じですよねぇ。

一般の平民には関係ねー話だyo スルーしろやボケ

とか言われそうで怖いですねぇ。

F1News シャーシ名はア・グ・リ♪

さて正式発表です。

チーム名は

「SUPER AGURI Formula 1」

本拠地は日本のようですが、ファクトリーはやはり英国のようです。
監督は当然ア・グ・リ♪

まだ琢磨と正式には契約していないようです。さっさとしろ。
スポンサーも未発表。
でもすでにFIAにはエントリー申込済み。
50億円用意できるわけですから、やはり大きなスポンサーがいることは当然のことでしょう。

エンジンはホンダV8。これは楽しみですね。

それにつけても。

シャーシ名が「AGURI」!?

Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)


あぐりさんはシャーシを作れるのですか!?

シャーシ作っちゃうんですか!?

ホンダの払い下げではなくて!?

すっごいことです。
大ニュースです。
びっくり仰天です。

どうなることやらとても楽しみです(・∀・)


F1News 琢磨が亜久里のチームに、来季から参戦?

琢磨が亜久里のチームに、来季から参戦!?

Newsソースは上記のとおりYahoo。トップページでのNewsなので皆さんも見たことでしょう。


おおお。
ついに情報がでましたね。

しかもメインスポンサーはソフトバンクですか。

ソフトバンク・ホンダ。

なんだか格好いいんだか悪いんだかわからないネーミングですな。
しかも監督があぐりっちですよ。純正日本チームってことですかね。
11月15日が確かエントリー締切日ですから、そろそろ情報がでなければ無かった話、という気がしていたので、これで本格的になりそうです。
琢磨のシートもほぼ大丈夫なのでしょうか。

新チームは開発費用とか年間の費用とは別に、50億円をFIAに供託しなければなりませんが、ソフトバンクであればそのような資金もあるでしょう。
とはいえ野球チームは買うわF1チームを作るわで、恐ろしいくらいの金を放出していますな。大丈夫かソフトバンク。

本拠地はイギリスなんでしょうか、それとも日本?
ヨーロッパでのレースの多さを考えればヨーロッパにファクトリーを置いた方がいいとは思うのですが。

今後の情報に注目ですね。

シャーシが気になる。

F1 News  新しい予選とタイヤ交換可能。ついでにミシュランぶーぶー文句

( ゚∀゚)ミシュラン・・・・・・・・・・・・。



さて、いまだ続報の無い新チームの話ですが果たしてどうなるのでしょうか。佐藤琢磨のシートは存在するのでしょうか?

という個人的感想は別としても、来年からの予選などルール変更が既に発表されております。
さてはて、皆さんはどう思われますか?

ノックアウト方式とかいうわけのわからんシステムです。どんどん遅い車をノックアウトし、最後に残った車で上位グリッドを決定する、と。
正直やってみないとわからんシステムですね。
テレビ中継とかが困りそう。

全部のチームのタイムを画面に乗せないと、誰がノックアウトされるのかわからんではないか。

ま、今年の予選よりは面白そうなので、来年の目玉の一つとして覚えておきましょう。

さて、ついでにタイヤ交換可能になりました。

これは復活して欲しかったレギュレーションですよね。
タイヤ1回で限界まで走る、というのはいいことでした。でも、タイヤ交換による順位の変動とかそういうのがなくなったので、その分つまらないところもありました。
やっぱりピットに入るというリスクを背負い、ただしその後は爆速で追いついちゃるぞーという作戦があってしかるべし、だと思うし。燃料補給だけのピットだけだから、その後が楽しくないし。

そのタイヤ交換ルールになんとあのミシュランが反発しました。

いわく、「コスト削減って手前ら言ってたじゃねぇかよ。なのに何で交換OKとか言っているんだよ。コスト増やすんじゃねぇよ。ムカつくぞオラ」

と仰られています(異訳)。

それにFIAは答えています。

「よくもまぁお前がそったらこと言えただな。アメリカGP忘れたんかお前は。10チームの代表とブリヂストンで決めたことだす。皆の承諾は得とるだす。ヘボなタイヤしか作れないお前には発言権は無いどす」

このように反論したのです(大異訳)。

ま、どっちの主張が筋が通っているのか、正直わかりかねますが、ミシュランもまぁ・・・・・・どうかな。

コスト削減は確かに大事だし、タイヤメーカーとしては大量のタイヤを持って行かないといけなので大変なコストになるでしょう。
でも、アメリカGPの体たらくがコスト削減が原因であるのであれば、それはいかがなもんでしょうかね。

ミシュランは元々嫌いなタイヤメーカーではありません。むしろ憧れもありました。
でも、アメリカGPのときは、本当に惨めで情けなくダメダメであったのは間違いありません。走れないタイヤ作ってどうする。

もう少しまともな1年間を過ごしていれば、まだこの発言には強みがあったのでしょうけれどもね。

「今回の出来事にも、F1における意思決定の一貫性のなさと、透明性の欠如という問題がはっきりと表れています。」(ミシュラン広報)

言うのは勝手ですが、あなた方がまともに走れないタイヤを作った理由の説明はとても透明性があるとは言いにくいと思うのですが。


ただF1界が不透明であることと意思決定の一貫性が無いということは明らかに事実であるとも思うんですけどね( ´∀`)

またですか。

法人の民事再生のお仕事が舞い込みそうです。
もちろんお仕事ですから、やることになればやりますが・・・・・。


本当に法人の民事再生は疲れるんですよね。実際、本当に再建しようとするのであれば並大抵の努力では駄目ですし(特に依頼人の覚悟が必要)。

予納金だって高いし、弁護士費用だって普通の自己破産とか任意整理などとは比べられず高いのが一般的でしょう。
それだけ支払って、さらに毎月必死で売上を伸ばして頑張らないといけないのですから。自力再建の場合ね。

代表者やトップ連中が「倒産はさせたくない。破産なんてもってのほか。絶対に再建するぞ!」という意気込みがあっても、従業員らがついてくれないと駄目ですし。従業員のやる気を存続させるのは中々大変な作業だと思いますよ。

それでも破産は回避したい、という気持ちで挑んで欲しいものです。
そういう気持ちが無く、ただ単に「支払が安くなる」「楽になる」「破産よりまし」とかそういう気持ちでは相談して欲しくないですね。

会社を作ることは簡単。
会社を儲けさせることは難しい。
会社を潰すことは簡単。
会社を存続させることは難しい。

起業者はこの基本を忘れないで欲しいものです。

今日、ふと思ったこと。

パチスロ「ヒデキに夢中!!」


 別名「ギャランドゥ」


 ニュース速報のウインドが出て消えるときの音


  ARIA社長の「ぷいにゅ〜」って声に似ている
かも


                               
いや、本当にそう思ったので。

ギャランドゥはまたも単発連発してくれましたよ。もう。

VIDEO 「ザ・リング2」 感想などを〜(ネタバレあり)

ザ・リング2 完全版 DTSスペシャル・エディション
ザ・リング2 完全版 DTSスペシャル・エディション


はい、久々に映画を見ようと思ったのでレンタルされていた「座・リング2」を借りてきて見てみましたですよ。

「ざ・りんぐ」とキーボードで打ち込みIMEで変換すると自動的に冠詞のザ(the)は便座の座になってしまうのですね。人生の中で全く意味を有さない知識がまたひとつ増えました。


ええと、もちろん知らない人は既にいない、かの有名な「リング」のリメイクである「ザ・リング」の続編で、「ザ・リング2」という名前だけど「リング2」とは全く関係が無くてでも監督は「リング」の監督だからつながっているといえばつながっている作品です。


わけわからん。


要するに、あの馬とかでちゃったり貞子タソがサマラタソになってしまったあの作品の続編ですよナオミ・ワッツ。

完璧な続編ですから、前作のその後の話が語られます。もちろん、前作がどういったストーリーでどうエンディングとなったのかなど語られるはずもありません。


ええ、私「ザ・リング」のエンディング、すっかり忘れていました。


ですから、最後の最後まで、この主人公ワッツの息子エイダンくんが誰だかさっぱりわかりませんでした。ええ、現在もよくわかりません。ザ・リングに出ていたのでしょうか?多分出ていたのでしょうけどさっぱり覚えていないのです。
まぁホラー映画ですからストーリーなどあっても無いがごとし。
いくら中田監督が作っているとはいえ、どうせ脚本家はメリケンです。脂の乗りすぎたサバのように大味に決まっています。

案の定、最後まで見た後の感想として、前作のストーリーなど覚えて無くてもかんけーなかったな、というものでした。


この映画をみて誰もが思った感想でしょうが、一応私も言いたいのでこの場で言わせてもらいます。


女医

新聞社のおっちゃん





放置かい。



どうでもいいことっちゃいいことですが。少しはストーリーに触れさせろよもう。あの精神病棟の母親も結局何のためにいたんだよ。何か動けよ呪われろよ何でお前だけ大丈夫なんだよ。


結局、「リング」という原作(鈴木光司)がどうしてホラー小説として最高傑作だと思えるのか。
それは、「どうやったら死なないですむのか」と読者に思わせることが完璧にできたからだと思います(設定の素晴らしさというのもあるけど)。

映画の「リング」は好きではないですが、やはりその「どうやったら生き残れるのか」という恐怖を感じさせてくれます。
要するに、「貞子の呪い」から逃れることができるのか、という話です。

だからこそ、今回の「ザ・リング2」も同様のネタがあるはずです。
どうやったらサマラの呪いから逃れられるのか!







閉めるだけですか







( ´・ω⊂ヽ゛え?


詳しくは語るまい。

もっともっと面白くすることができたはずの映画でしたね、というのが正直な感想です。

ただ、アメリカ人の面白いやHAHAHAという感覚と日本人の面白いやドリフという感覚は異なっていると聞き及びますからね。
脚本もこういった感じが受けるのかもしれません。でも脚本家がもう少し頑張って欲しかった。

正直な気持ちでいわせてもらえれば、買うほどの映画ではないでしょうね。つか映画館で見るほどの映画でもない気がします。
DVDレンタルで十分ですね。

酷評って感じかもしれませんが。

何よりも、この映画、怖くないし



ねむい。

久々に朝の4時まで仕事場で仕事の打ち合わせでしたヨ。

いや、そろそろ夜が明けるのかと思うと不思議に達成感を感じますネ。

なんだかほわほわした感じが漂うのは気のせいですかネ。

マジでどうやって帰ろうかナ。

タクシー、一番いない時間帯のような気がするけどナ。


( ´∀`)


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 光の帝国―常野物語 〜恩田陸 (小説・ネタバレ)
    加藤
  • PSPバリューパック 買えました(・∀・)
    名無し
  • VIDEO 「ザ・リング2」 感想などを〜(ネタバレあり)
    チェリーチェリー
  • VIDEO 「ザ・リング2」 感想などを〜(ネタバレあり)
  • F1 イギリスGP 決勝を終えて
    セクター
  • F1 カナダGP 予選終了
    セクター
  • 六番目の小夜子 (NHKドラマの感想)
    ---haruka---
  • 全然更新できないっす・・・・(´・ω・`)
    kobashi
  • 全然更新できないっす・・・・(´・ω・`)
    より
  • 全然更新できないっす・・・・(´・ω・`)
    より

profile

書いた記事数:462 最後に更新した日:2013/12/02

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM