スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.12.02 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

なぜか恐ろしく忙しい・・・・

おのれ×××め!
自分があれほど苦労して行った××××を勝手に××て×××なんぞを立ち上げてともすれば××××と訴えられてもおかしくないようなことをしやがってそのため××にはなるわ××××××も作らなくてはいけないわと死ぬほど忙しくさせやがって!!!!!

ヽ(`Д´)ノ



という意味不明な文章をブログに記載する自分もどうかと。

いや,仕事で取引先がおおもめにもめることをしてくれたおかげでこの忙しさを頂いたわけでそれでどたまに来ているだけなのですよこの野郎。

それで毎日のように深夜まで仕事。
今日もまだ仕事。
たまに時間を作ってパチスロ行っても負けるし。

本当にその依頼人のせいで大変な目にあっています。なんであれほどがんばってしまったのか・・・・。仇で返されてしまいましたよ。
そのせいでパチスロ負けるし。

もう少し計画的に業務を行えばよかったです,という後悔がしきり。
いれこむもんじゃないですねぇ。
スロットもいれこんで負けるし。

とにかく苦痛な毎日です。

いえ,スロットに負けているから苦痛なわけではないのですよ?

亡国のイージス (小説原作)

亡国のイージス 上  講談社文庫 ふ 59-2
亡国のイージス 上 講談社文庫 ふ 59-2
福井 晴敏


さて,あまりにも映画が好みな作りだったため,速攻でベストセラーである原作を読むこととしました。
これだけ売れている作品でありながら今までまったく読んでいなかった自分は相変わらずベストセラー嫌いな性格であります。

さてさて。

原作のほうが面白いよ〜

やはり原作。
一人ひとりのキャラクターの背景がしっかり描かれていて,ストーリーに幅があります。
何しろ,映画では敵の工作員,ジョンヒが突然如月行に対して海の中でキスをするシーンがあるのですが,どうしてそんな行動に出たのかさっぱりわかりませんでした。
原作を読んでようやくわかりましたよ。
やな女ですね。

映画では主人公である仙石先任伍長の家族構成が原作とはきっちりかっちり異なっておりました。奥さんは死んでるし,子供はまだ小学生だし。
たしかに,原作の仙石はもっとマッチョで荒々しい海の男ってイメージですが,真田広之だとイメージが異なるので,主人公の背景も変更せざるを得なかったのでしょうね。
変更したといえば田所。
なんか映画ではなよなよぼんくらって感じでしたが(ストーリーにも何ら関係ないし),原作では・・・・・・・・・・。
いい男よ田所。
悲しい男よ田所。
なぜ映画ではあんな扱いを・・・・。

宮津艦長も副長になっていましたが,この変更には何らかの理由があったのでしょうかね。別に艦長のままでよかったような気がしますが。
ついでに総理大臣もなんか映画では情けない総理だったです。原作でもそれほど格好いいわけじゃないけど,なんか結構覚悟を決める総理ってイメージだったのですが。

とにかく,映画は映画,原作は原作。
映画はそれはそれで完成されているし,とても面白かった。
でも,それ以上に原作はすばらしかった。面白い。とても面白い。
こういう戦争小説とかはあんまし興味がなくて読んでいないのですが(漫画でもしかり。沈黙の艦隊も読んだこと無し),これからは読んでみようかとおもっちょります。

しかし厚い小説でしたが,一挙に読んでしまいましたよ。
お勧めです。




映画三昧(2)

さてまだ続く年始年末みた映画。

交渉人 真下正義 スタンダード・エディション
交渉人 真下正義 スタンダード・エディション

これは面白かったです。
作りがしっかりしているから,観ていて飽きない感じがしました。
地下鉄が接触するシーンなんか中々興奮気味でしたよ。
もっとも,こんだけ電車が遅れて接触事故まで起きて,不審な列車が走っていて,SATがわさわさと駅構内に入っていくのであれば,爆発事故以上にマスコミが大騒ぎするはずだと思うのだがいかに。

何よりも,交渉人のくせに最後は自分の彼女を助けるために現場にいくのはいかがなものでしょうか。最後の最後まで司令室でネゴを続けてほしかった。

つーかネゴしたか?

だいたい犯人に関してはいかにも続編を作りますよという感じです。作ってもらってもいいし必ず観るとは思うけど。室井さんの事件でも関与するのか?よく知りませんけど。

批判的な感想になりつつありますが,映画(長編ドラマというべきか)として面白かった。でもクモみたいな電車は乗りたくない。

ブレイド3 スタンダードエディション
ブレイド3 スタンダードエディション

はいブレイド。
最終作品らしいです。
吸血鬼もののようでただのアクション映画です。
主人公が嫌いなんだよなぁ。なんか格好悪くて。でも吸血鬼ものだから一応見なければならない義務感が。

でもなぁ・・・・・やっぱり観なければよかったかなぁ。

ブレイドなんですけどね。
1作目は確かに面白かったですよ。
今回もやはりブレイドなんですけど。
ドラキュラがダゴンかよ。
んでドラキュラあんな感じで戦うのかよ。
なんだか仮面ライダーの悪役着ぐるみキャラじゃんかよ。

それとアメリカ映画の不思議なんですが。

最近の映画でのアクションといえば格闘かチャンバラ。
切ったり蹴ったり殴ったり。
たまに別の武器を使ったりすることもあるけど基本的には格闘。
なぜなんでしょ。
これだけテクノロジーが発達しているんだから,もっと違う戦闘シーンを作り出してもいいと思うのだけど。
たとえば敵が発する攻撃を天地無用の光鷹翼みたいなもんで弾き飛ばすとか(例えがよくないか),なんか迫力のある戦闘シーンにしてもらいたいのですが。
どんなに進化しても。どんなに最強であっても。どんなに伝説の吸血鬼であっても。
やることはチャンバラと蹴り・殴り・取っ組み合い。
たまに空飛ぶ。

マトリックスの影響なんでしょうけどね。最近のは全部そう。

もう少し吸血鬼ハンターでも参考にして「人外」らしく吸血鬼同士の戦闘が見たかったです。

・・・・・・・・・・それにしてもこの作品のドラキュラは・・・・・。
いや言うまい。

映画三昧〜

年末年始は映画三昧の日々でございました。
今まで見ている暇がなかったから,興味のあるものは全部みちまおうというスタンスでレンタルビデオ屋にレッツゴーでしたよ。

スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐
スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐


まずはやはり観なければならないと義務感にかられた映画。


ええ。義務感のみですよ。


なにしろ結果というかエンディングが最初っから予想できるこの作品。
どういう理由でダースベイダーになるのかそれだけが楽しみの作品でした。

まぁ結論から言えば,

普通。

それ以外何者でもない。

もっと重厚な理由とかほしかったけどねぇ。映画館に行かないで正解だったな。
戦闘シーンもそれほど興奮しなかったし。まだエピソード1の方がよかったです。リーアム・ニーソンが格好よかったし。

ただ,エンディングでレイア姫とルークの行き先が決定するわけですが,ここが運命の分岐点だったわけですね。
レイア姫は「姫」としての生活を送り,ルークは貧乏な惑星で貧乏な生活を送るわけですね。

残念,ルーク。


亡国のイージス
亡国のイージス

これは興味津々な作品でした。
ようやく借りれたのです。

これは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


映画館に行けばよかった!


久々に面白いと思える映画でしたね。日本の映画もなかなか良いです。
全出演者が格好いいし。
ドラマの演出もいいし。
緊迫感もあるし。
イージス艦も迫力あるし。

まぁ最後の決闘はなんだかお前一人で解決するなよ,という突っ込みをしたくなりましたが,それはそれ。作品の完成度はとっても高い気がしました。


何しろすぐに原作を購入したくらいですから。
とてもすばらしい映画でしたね。



新年!

喪中ゆえお祝いの言葉をいえないところではありますが,2006年でございます。平成18年でございます。
新しい年が始まり,何が変わるかさっぱりわかりませんが新しい年でございます。

いや,昨年はいろいろとありました。
それが今年になって何がかわるか,また例年どおり忙しい日々が続くのか,とても楽しみであります。

年末(特に12月全般)はあまりの忙しさ&どたばたでなんもできませんでしたが,今年は少しは余裕をもって仕事とプライベートを過ごしたいものです。

みなさまも寒い日々が続きますからお体をお気をつけください。
本年もよろしくお願い申し上げます。


ヾ(´・ω・`)ノ゙

なんだか1ヶ月もブログ更新できませんで、気が付けば年末。大晦日。
いつのまにやら平成17年も最終日で平成18年がくるってところで倖田來未が踊っていますよもう。と思っているところでハンコックがわけわからんことを発言しているところですよもう。

何だか本当に忙しい12月でした。
本当に色々と記事になることは大量にあったのですが、どうしても更新している時間が無くてああ困った状態でした。

しかし、1年が過ぎるのって本当に速かったですねぇ。


フェイトも一応終わらせたけどミニゲームはほとんどやっとらんし。
来年からもう少し余裕のある生活をしたいものです。

みなさまよいお年を。

(´・ω・`)

最近仕事場のブログもはじめて忙しい毎日になりました。

仕事も忙しいし,何だかもう嫌気がさすくらい厭な毎日でございますよ。もう。

まったく今の仕事とは別の仕事をしてみたいなぁ。
無いものねだりなのかもしれないけど,自分の今までのスキルを利用しつつ別の仕事をしてみたい。

んで現在現実逃避のため,今更ながら

Fate/stay night

と遊んでおります。

面白いな,コレ(・∀・)


耐震設計偽造問題〜参考人暴走

なんだかもうバラエティかと思ってしまった国土交通委員会での参考人招致。

大暴れですな。

イーホームズは別の検査機関の名前を出して,そこが1年前から偽装を知っていながら隠蔽した,と暴露。
しかも後に伝聞ですから確証があるわけではないと発言。
当然その検査機関は告訴を考えているとのこと。
これ,まずいでしょ。間違いなく名誉毀損でしょ。
本当だったら別だけど,それでも確証が無いといっているから,この時点でアウトですよね。

そしてメインイベントだったおじゃまもん。

やっちゃいましたね。
何を言っても信用されない,何を言っても嫌われる,そういうキャラ作りに必死な社長は大暴れ。
まるで自分が国会議員になったかのようなヤジを飛ばしまくりました。

マスコミには出たがってて一気に登場したのにマスコミ批判に必死な社長は,国交省に対しても「いい加減にしてくださいよぉぉぉぉぉおおおお」と語尾をあげて批判。
まるで自分があたかも被害者であるかのような発言に終始していました。

あ,自分が被害者だって言っているんだっけ。


それにしても,もはやヒューザーはつぶれることが前提で話しているようで,本当に何かムカつきますよね。

議員から「関連会社に資金を避難しているのでは」という発言がありましたが,これマジだったら許されるわけ無い。検察庁だって黙っていないし,破産じたい詐欺破産罪が適用されます。
ばれるでしょうね,これだけ注目されているわけですから。
内部告発者も出てくるでしょうし。

しかし・・・・・・・・・・・この事件,本当に被害者無視で進みそうだなぁ。
公的資金による保護は自分としては否定派なんですけど,こりゃ本当に救われない可能性が高い。
そういう場合は仕方がないのかなぁ。でも,それ相応の罪を関係各社に与えるべきです。
それこそ計画倒産の可能性が高すぎますし。

もはや誰もヒューザーの物件など買う人はいないでしょうから,ヒューザー自体が倒産するのは目に見えています。問題はその後でしょうね。ヒューザーという法人が消えるのはいいとしても,その関係者は別にこの業界から去るわけではないです。
つーことは,法人名が変わるだけで同じ組織の会社が出来る可能性は高く,同じように瑕疵ある物件が販売されることもあるわけです。

「コストダウンが悪いというのなら、不経済設計しろ、コストアップしろということが正しいんですか!」

などと平然と言えるそんな神経の持ち主が,今後も同業界でのさばるのですよ。恐ろしい。
誰もそんなこといってねーよ。コストダウンが悪いって言っているんじゃねーよ。

違法建築物件を作ったことが問題だっていってるんだよヽ(`Д´)ノ

しかも重畳的債務引受って・・・・・・・。

知らない人を騙そうとしているとしか思えない。
法律を勉強している人じゃなければ,重畳的なんて言葉,たぶん知らないでしょうからね。債務(住宅ローン)を全部引き受ける,っていう意味なんだ,と思っちゃいますよね。

どうせ倒産するつもりなわけですから。

社長や役員全員の私財を投入しろ,といってもどうせ私財など妻や子供名義にしているだろうし,本人はいつでも自己破産できるよう準備していることでしょう。免責など与えてなるものか(つっても免責不許可事由に該当しているというのも難しいのかもしれないけど)。

本当,恐ろしい話です。
マンションを買うのを当分控えましょう,といわざるを得ませんね。こんな業界体質であったら,恐ろしくてマンションなんか買えません。
ただし,日本の経済の中心でもある不動産業界がこれで冷え込むのも恐ろしい。ただでさえ日本の借金は莫大になっているし,せっかく株価もあがり景気が回復しそうな状態であるのに,こんなことになるなんて。

いやはや。
法的うんぬんは別として,道義的な彼らの罪は凄まじいものがありますね。

耐震設計偽造問題〜イーホームズの検査問題

最初は自分のブログでこれだけ取り上げるつもりはなかった今回の耐震設計偽造問題。
お亡くなりになってしまった人も出てしまい、はては国会議員の名前も出てくるようになり、もうどうにも収集がつかなくなってきた本件問題です。

んで、

「マンションなどの強度偽装問題で、民間の指定確認検査機関イーホームズ(東京都新宿区)が扱った物件の9割以上で、建築基準法に定められた建築確認の手順が守られていなかった疑いのあることが、国土交通省の調べで分かった。」(読売新聞)

とのことです。


はぁ?Σ(゚ロ゚ )


どういうことですか、それ。

つーかそんな気はしていましたがそれでも何ですかそれは。

今回問題が発覚した後、「俺たちの検査には不備はないよ」と言い張っていた検査機関でしたが、まさか「実はほとんど見ていない。1級建築士が公認プログラムを使って構造計算しているのだから、問題があるとは思わなかった」などとおっしゃるとは!!!!


「国交省の聞き取りに対し、検査スタッフの多くは「計算過程はほとんどチェックしていなかった」と明かしているが、そのスタッフを監督する立場の検査責任者は、ほとんどが地方自治体などのOBだった。」(読売新聞)



天・下・り・で・す・か

もうどう突っ込んでいいのやら。
本当にダメダメな業界なのでしょうかね。
真面目に働いている人もいるのに・・・・・・。

某おじゃまもんは「会社に過失はねーよ」と開き直ってきたようです。
デベロッポー(しつこく使う)のひとつは「姉歯建築士が自分たちが指示したなどといっているなら名誉毀損でも訴える」といっているそうです。
1件のデベロッポーは破産するし。
上記おじゃ(略)の会社は破産か、と夕刊紙の見出しに出ているし。
石原都知事は都には責任ねーよ、つーかこんなダメな奴らに資格を与えた国の問題だとおっしゃるし。

何だかもう責任転嫁というか責任の擦り付け合いも当事者が増えていってどんどんわけわからん状態に陥ってきています。
もう司法が判断せざるを得ないのでしょうかね。

しかし、イーホームズの実態は本当に悲しくなるほどびっくりでした。
1人で2000件を検査かよ・・・・・そりゃできるわきゃないわ。
そんな民間検査機関を認めていた国もどうかと思いますね。今まで国には責任ない、とは思っていたけど、こういうところで国の責任が出てきたような気がします。


耐震設計偽造問題〜姉歯建築士の暴露が始まる

まぁ想像していた内容でしたけれどもね。

暴露を始めたところで被害者は救われないし,何ら解決に近づいたわけではないのですが。

ともかく姉歯氏は建築会社の支店長から圧力をかけられていたこと,鉄筋を少なくしろと具体的な指示がでていたこと,生活のためやってはならないこととは知りつつもやってしまった,などと発言をされました。
当初は明確な指示はなかった,と話していたのにこの時点で逆転。
弁護士でもついたのかな。

おじゃまもんだかおじゃる丸だか知らんけど,どっかで見たような顔つきのヒューザー社長がテレビに連続して出ていた中,木村建設が破産すると宣言した中,こういった姉歯氏の発言が出てきたものであります。

この発言が事実か事実ではないのか,現段階では判断しようがありません。
ですが,一般的な感覚からしてみれば,まぁそうだろうなぁというものがあります。

建築費を減らす,コストダウンを目指す,そういうことは当然業者としては考えるでしょう。ですが,常識的な金額以下で工事ができ,一般のマンション価格よりも破格に安く売ることが出来る,というのであれば,なぜこんなに工事代金が安いのか,ということに建築業者は気づくはずです。

安い理由がわからなければ,安い金額でマンションを販売することなどできませんよね。
いわゆる事業計画が成り立ちません。

安い理由が設計・建築費のコストダウンではなく,人件費だとか材料費だけで説明がつく,というのであれば別かもしれませんが,それだけで通常のマンションより1000万円近く安く売ることなんてできるとは思えません。

知らないはずは無いでしょう,というのが正直な感想。

なぜ安く売れるのか,その理由を知らなかった,それを考えなかったというのであればあまりにもおかしい話です。

検査をしたイーホームズとかが問題あるのは当然としても,建築主に責任があるのは瑕疵担保責任だけではなく,意図的な欠陥マンションを建築しこれを隠しながら販売した,という不法行為の責任があるのではないかと思慮いたしますよ。
真実は今の所わかりませんし,報道だけを信じるわけにはいきませんが,どうしてもそう思ってしまう状況です。

まぁ,そういう事実は無い,としても,被害者の損害賠償にはきちんと応じて欲しいものです。

公的資金導入など言語道断!ヽ(`Д´)ノ

最悪建築主がぜーんぶ自己破産をして補償が足りなかった場合は考えることはありかもしれませんが(被害者のためというよりも,倒壊して近隣に被害を与えるという危険性から,解体費用くらいの支出はわからんでもない),現段階でそのようなことを考える必要はないでしょう。

被害総額が判明しているわけではないですが,そうだとしても建築主はきちんと資産状況を公表し,その上で話をすべきです。

マスコミにデベロッポー(ニュースステーションの古館の発言で気に入った)が資産を公開する義務はないかもしれませんが,少なくともヒューザーは税金でまかなってくれ,と明言しているわけですから,自分の資金では足りないということをマスコミを介して全国民に説明すべきです。
それでも公的資金導入は納得できないけどな。

まずは賠償してからでしょう。一円も支払っていない状態ですでに自分のお金じゃなくて国の金(国民の金)で払ってよんというのはずるい。さっさと資産を現金化して用意しなさいな。やっている途中かもしれないけど。


まあ,今回の件は間違いなく司法の手が入るでしょうから,ある程度明らかにはなるとは思いますが,それにしても

なんで今の時期にマスコミに出たがるのかなぁ?

その神経がわからん。とめる顧問弁護士とかいなかったのかな。
反感を買うのは1000%明らかだったのに。
ゴルフやってたとかそういうことも報道されてるし・・・・・・。

木村建設の破産により,解体すらできないマンションらが出てきましたし,本当に混迷した状況になってきました。

今のうちに責任がありそうな各社に仮差押でも何でもしておかないと,あっつーまに資金がなくなり賠償もできない状態に陥るのではないかと危惧します。
ま,みんなが仮差押などをして資産を凍結したら木村建設と同じ状態になりかねないので,そういう問題点もあるのですが。


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 光の帝国―常野物語 〜恩田陸 (小説・ネタバレ)
    加藤
  • PSPバリューパック 買えました(・∀・)
    名無し
  • VIDEO 「ザ・リング2」 感想などを〜(ネタバレあり)
    チェリーチェリー
  • VIDEO 「ザ・リング2」 感想などを〜(ネタバレあり)
  • F1 イギリスGP 決勝を終えて
    セクター
  • F1 カナダGP 予選終了
    セクター
  • 六番目の小夜子 (NHKドラマの感想)
    ---haruka---
  • 全然更新できないっす・・・・(´・ω・`)
    kobashi
  • 全然更新できないっす・・・・(´・ω・`)
    より
  • 全然更新できないっす・・・・(´・ω・`)
    より

profile

書いた記事数:462 最後に更新した日:2013/12/02

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM