スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.12.02 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ダージュ オブ ケルベロス -ファイナルファンタジーVIIをクリアしました

ダージュ オブ ケルベロス -ファイナルファンタジーVII- 特典 特別映像DVD「COMPILATION of FINAL FANTASY VII: REFLECTIONS」付き
ダージュ オブ ケルベロス -ファイナルファンタジーVII- 特典 特別映像DVD「COMPILATION of FINAL FANTASY VII: REFLECTIONS」付き



まぁね。予想はしていたんだけどね。

賞味10時間くらいであっさりクリアしてしまいましたDCFF察

EASYモードでやれば立っているだけで撃っているだけでほとんどクリアできる割に操作が面倒くさいゲームでした。


ストーリー的には

自分の父親を愛しまくっていた女に横恋慕していたデビルマンが長年のコンプレックスを払拭して最後にようやく見た目10歳前後の少女と幸せになるというロリコンサクセスストーリーでした。


間違っていますか( ´д`)


とにかくストーリーはどうでもよく(ルクレツィアなんてよく覚えていなかったし)、あの映画のその後の話が知りたくてやったのですが、まったくもって触れられることはなかったですね。
とりあえずティファとクラウドは出てきましたけどね。最後、応援要員となって。
ち。

シェルクたんは可愛かったですけどね。どうでもいいですが。

しかし真面目な話。どういう意図でどういう人をターゲットにしたソフトだったのでしょうか、これは。
爽快感は無い。
重厚なストーリーは無い。
長く遊べそうなゲームでもない。
やりこみ要素がありそうでなさそう。

結局、FF擦離侫.鵑鯊仂櫃箸靴董△気蕕縫凜ンセントとユフィ好きのためのソフトであったとしか思えないんですけどね。
ファンディスクってやつか。
Fateのホロウとは比べることができないくらいちまいファンディスクですが。
色々なところで作りは悪くないとは思えなくもありませんが、最強最悪な問題がありました。

面白くない(・ω・)ノシ

ゲーム自体もストーリーも面白くない。
ファンとしてはその後の主人公たちがどうしているのか知りたいなぁとか思えば面白いかもしれないけど、昔のFF擦里海蹐茲蠅眩阿力辰鯤垢されてもなぁ。
ルクレツィアがどうしようと知ったことではないし。
宝条が出てきてくれたときは何だか嬉しかったですが。


正直、売れてはいるんでしょうけど。
面白いとは思えなかったゲームですね。なんか一度クリアして再度ゲームを始めようとしても、能力とかの引継ぎもなさそうでしょうし。

つーわけで1回クリアしたらとりあえず売るか仕舞うかどうするか、ってレベルのゲームでした。

( ´-ω-)

ダージュ オブ ケルベロス -ファイナルファンタジーVII

ダージュ オブ ケルベロス -ファイナルファンタジーVII- 特典 特別映像DVD「COMPILATION of FINAL FANTASY VII: REFLECTIONS」付き
ダージュ オブ ケルベロス -ファイナルファンタジーVII- 特典 特別映像DVD「COMPILATION of FINAL FANTASY VII: REFLECTIONS」付き

くそ忙しい毎日が続くでございますよもう。

さて,そんな忙しい中,DCFF7をやっています。

やりたかったですからね。ACを観た後ですから。
そりゃ楽しみでしたよ。忙しいなんて関係ないですよ。

てなわけで,忙しいから1日1時間〜2時間くらいしかできませんがちまちまと進めています。

今は魔晄炉に突入しているところでございます。


で,とりあえずの感想なのですが。


操作しづら!!!!ヽ(`Д´)ノ


はっきりいって製作段階で失敗していると思う。
なんだこの操作方法。
面倒クセー。
つかいづれー。
右スティックでぐるぐるやると気持ち悪ー。

要するにただ銃をばんばん撃っていれば何とかなるし、ならなかったら死ねば強くなるからまぁ時間があればなんとかなるでしょー的なゲームですね。

OPや途中のムービーは確かに綺麗。
どう考えてもFFVII アドベントチルドレンを作っているときにおまけで作った映像のような気がしますが、それでも綺麗です。

ティファ&クラウドが出てきたときは嬉しかったですよ。

ゲームとしては全然面白いとは思わない。
ただ単に撃っているだけ。それでもあたらんからむかついて銃を換えてまたばんばん撃つだけ。
たまにライフルにしてスコープでみて撃つけどそれだけ。
爽快感も何もなし。
次のムービーを観るため、いやでも進めるしかないというシューティングゲームでした。

本当に爽快感がないなぁ・・・・・。
もっと楽しくおかしくわくわくするような動きとかシステムとかなかったのかなぁ。
デビルなんちゃらのパクリとかいわれようが何だろうが、とにかく「わーいこれおもしれー」といわれるような作品にできなかったものかな。

まだゲームは途中ですが、すでにあんましやる気はありません。
でも次のムービーがどうしても気になるし、クラウドとかティファが喋るのか、FFVII アドベントチルドレンの後、二人はちゃーんとラブラブっているのかなどが気になるので止めるに止められません。
クソ。

クラウドといえば、赤だか紅だかのロッソ。
クラウドに襲い掛かるシーンのムービーを見ました。

えっれぇわくわくしました。

ヴィンセントの戦いなどどーでもいいんですよ。
せっかく闇?のソルジャーのトップレベルが出てきているわけですから、表の世界のナンバーワンであるセフィロスを何度も打ち破っているクラウドとの一騎打ち。
最高じゃないですか。
剣を交えたところでムービー終わっちゃうんですけどね(-_-;)

その後、なぜか無傷なロッソはヴィンセントにあっさり敗れるんですけどね。
クラウドより強いとでも言うのかヴィンセント。


というかヴィンセントいらない


ゲーム自体の存在意義を全面否定してみました。

だって自分、FF擦鬚笋辰討い襪箸、
ヴィンセント使わなかったもん(`・ω・´)


邪魔キャラでした。
ケット・シーなみに。

そんな自分的にどーでもいい奴の主人公のゲームなど、所詮あうわけがございませんよね。ユフィが主人公でも同じような気がしますが。
やっぱしFF擦魯ラウドの話なんだと思うんだけどなぁ。それか、映画のときのようにアクション満載なゲームにするとか。
とにかく本件ゲームは中途半端な気がするんですよね。正直。


え?

ストーリーはどうかって?



ストーリーなんてありましたっけ?( ´д`)

零〜刺青の聲〜 (PS2ゲーム) vol.3

さて地獄の仕事の状況を垣間見ながらやっていた零でございます。

まぁ仕事は忙しいというわけではないのだが・・・・・・色々なことがあり精神的に疲弊しているのです('A`)マンドクセ


easyモードでクリアしましたよ。
正直な感想としては・・・・・・・。


紅い蝶の方が面白かった?


って感じでしょうか。
エンディング1では、あまりにもちょっとなぁ・・・・・・。
あの終わりでは・・・・・。

蛍・・・・・・・( ´∀`)

つーか澪はどうなったのよ。



エンディング2があるようなので、これからカメラ強化のためノーマルモードで鍛えます。
エンディング2を観る条件はそれほど難しそうではないので頑張ります。



あんまし怖くなかったし。敵は強いけれども何だかどうでもいいし。
ストーリーも感情移入しないし。

やっぱし前作には最強最悪最恐の敵キャラがいましたからねぇ。



繭という名の。



(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

零〜刺青の聲〜 (PS2ゲーム) vol.2

さてプレイ1回目。

特典DVDですが,何だただのプロモーションビデオみたいなもんですか。
全部ストーリーを説明してくれるのかと思っていたのでちぃとショック。
「零〜紅い蝶」は最近やったばかりなので覚えているから問題ないのですが,第1作目の「零」はかなり昔やった記憶しかないので,エンディングの内容が覚えていないのですよ。
これも説明してくれるものだと思っていたのに・・・・・・。


さて,本編「零〜刺青の聲」ですが。
基本的に操作方法は変わらないのですね。

スタートするとオープニングが長い長い。
突然「眠りの家」(?)で操作できるようになるけれども,これはまだオープニングの中のイベントで,ゲームそのものではありませんな。

ゲームが始まると,今度こそ「眠りの家」からスタート。
ドラクエばりに棚などを調べまくるが何も手に入らず。
いきなり幽霊が歩いてシャッターチャンスがあったものの撮影失敗。
黒澤怜というカメラマンが主人公なのですが,もともと持っているカメラはデジカメなんか知らんけれども撮影枚数に制限無し。
んで実に怪しい土間から上がってついに「射影機」をゲット。
14式のフィルムがある。
もったいないからあんまし使わなかったら夢から覚めて「眠りの家」終了。
ち,もっと使っても良かったのではなかったか。

夢から覚めると今度は現実世界。「零」シリーズ初の一般屋敷。何だか「零」っぽくないですな。黒澤怜も随分と良い一軒家を借りてます。

とりあえず,夜になって古ぼけた射影機にてセーブしてプレイ1回目は終了です。
約1時間くらいかかりました。
以外にプレイ時間長いのかな・・・・・・・。


今のところの印象。

シャッターチャンス攻撃はやりやすい気がします。

1時間くらいプレイしたけど怖くない。今のところ怖さレベルが低くなっているような気がします。

淡々と進むので,前作よりもちとつまらない?
まぁこれからが楽しみ。

黒澤怜,お前は家の中でもいつもカメラ持ち歩いているんか。

何もせず雨音の響く家の中。
リビングに立ちっぱなしの深紅。

いまんところ

お前が一番怖いわヽ(`Д´)ノ

零〜刺青の聲〜 (PS2ゲーム) vol.1

家に帰ると1mくらいのダンボールが。


Σ(゚ロ゚ノ)ノ ナンジャコリャ!!!


あけてみると「零〜刺青の聲〜」が梱包されておりました!


忘れてた今日発売日じゃん。


テクモに予約していたことをすっかりと忘れていました。
でっかいのはポスターが入っていたからなのね。


いらんわ。


さて、でもでもメチャクチャ楽しみにしていた零〜刺青の聲〜です。

同根の初回特典、History of "Project Zero"〜黒澤レポート〜をまず観て、それからプレイしたいとおもっちょります。

ううう。楽しみダ!(`・ω・´)

零〜刺青の聲〜 そろそろ発売

予約特典欲しさに公式HPで予約している零〜刺青の聲〜。

ついに発売日が近づいていますね。

はよやりたいものです。
前作のエンディングからどのように続いているのか興味巨大です。


本当はF1ドイツGPネタを書こうかと思ったんですけどね。



( ´Д⊂

SIMPLE2000シリーズ Vol.80 THE お姉チャンプルゥ その壱(ゲーム)

SIMPLE2000シリーズ Vol.80 THE お姉チャンプルゥ ~THE 姉チャン 特別編~
SIMPLE2000シリーズ Vol.80 THE お姉チャンプルゥ ~THE 姉チャン 特別編~


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
かつて,自分の中で激しいブームを引き起こした伝説のゲーム。


THE お姉チャンバラ


水着の精神崩壊女性がゾンビをぶっ殺しまくってこれまた精神異常の実の妹をぶっ殺すという破壊的に反教育的な思想をかもし出したアホゲーム,THE お姉チャンバラ。
たった2000円でゲーム性と爽快感とネタとして満足できる久々の素晴らしいゲームでした。

(過去の記事をご参照くださいな。


これだけ素晴らしいゲーム,続編が出るとは考えもつかなかったですよおっと間違えた続編がでないとは考えもしなかったですよ。

案の定,続編がでやがりました。

その名は

THE お姉チャンプルゥ

( ´∀`)

アホです。
タイトルからして笑えます。
意味がわかりません。わかりたくもありません。

ですが,速攻で購入してしまいました。

当然です。前作の毒にあてられた者として義務があります。


んで,ゲームのパッケージを見ると2人いる。
どうも,こんどは別のキャラもいるような気がしますが・・・・・・・・・・・。

ん。

どっかで見た顔だな。

Σ(゚ロ゚)



SIMPLE2000シリーズ Vol.50 THE 大美人
SIMPLE2000シリーズ Vol.50 THE 大美人




こいつか。



馬鹿ゲームとして購入したはいいが,あまりにも馬鹿すぎたのでクリアもしていないで自室のどっかにうずもれているはずのゲーム,デカ美人。

これの主人公か。
このSIMPLE2000シリーズでは有名人らしいのですが,一般人たる私では全く存在すら興味ない知らないキャラクターですよ。

説明書を読んだら,「あの巨大化の秘密が・・・・・・」とか書いてあるので,どうやら物語は大美人ともつながっているようではあります。

馬鹿だ(・∀・)


さて,ゲーム性はどのようになっているのでしょうか。
前の爽快感は残っていて,新たなシステム,必殺技とかついているのでしょうか。

つなわけで15分くらいプレイ。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


前と変わらんし。

つーか,ステージも一緒だし。
ゾンビの出てくる場所も一緒だし。操作方法も一緒だし。
ストーリーも一緒っぽいし。何よりもムービー一緒だし。


何も変わってないぞ前作から!!!!


はっ!そういえばどこにも新作(続編)とは書いていないΣ(゚ロ゚)

特別編(変)とか書いてある!!!

つーことはあれですか。
まったくゲームとしては同一なんですが,キャラクターが増えた,ということだけですか。
要するにSIMPLE2000の分際で,ファンディスクを作ってしまったとそういうわけですか。
これからやってみないとわかりませんが,もしかしたら前作のドーピング場所も変更無いかもしれません。ということは攻略も全く同じ?
15分くらいしかやっていないのでまだわかりませんが。何となくそんな感じがします。



でも,全く以って後悔など無し!!!



だってアホなんだもん。

これからちょくちょく時間が有れば遊んでいきますか。



( ´∀`)

零 〜紅い蝶 (ゲーム・感想) vol.2

零 ~紅い蝶~
零 ~紅い蝶~


いやいや。
久々にはまりまくったこのゲーム,正味8時間程度でしたがクリアいたしました。


面白かったよ〜( ´∀`)


恐怖と悲鳴と狂笑と死体と血痕と悪霊と萌えが一体化した旋律を流れるようにエンディングまで持っていったゲームでしたね。
自分で書いていて意味がわからんけれども。

正直,EASYモードでのエンディングはショック巨大でした。
繭・・・・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

繭はああされることにより,澪といつまでも一緒になれたということなんでしょうか。
紗重の思うがまま,という気もしないでもないですが。

ホラーゲームですから,まぁ全て大団円なハッピーエンドではないだろうなぁと予測はしていましたが,あのエンディング・・・・・・顔を覆い狂ったように自分の行為を拒絶する澪の姿が泣けます。


さて,そこまでやって,ネットでちょこちょこと調べてみると,HARDモードもしくはナイトメアモードでクリアすれば,異なるエンディングが観れるとの事。

む。
2周目からは前回の強化したカメラやアイテムを引き継げるということもあり,さっそくHARDモードでやりましょうか,と思った矢先。

なんと自宅には「電撃PS2」だったと思うが最強セーブデータがあることが判明!
当然のように「零〜紅い蝶」の最強データもあり!!!!


やっちゃいました( ´∀`)


せっかくクリアしたデータを削除し,電撃のデータを入れなおす。
すると最強(「滅」やら何やらの追加機能あり)の状態のカメラが最初っからあるし,コスチュームも全部出ていてなんとメガネもあるぽ。

つなわけで,簡単にサクサクすすめようと思ったら,ギャラリーモードにもう一個のエンディングがあるじゃないですか。

・・・・・・・・・・・・・・・・さっさと違うエンディングを観たい。

この欲望には勝てませんでした。
んで観ちゃいました。

・・・・・・・・・・・・うーん( ・ω・)
どっちかっつーと,EASYのときのエンディングの方がよかったかなぁ。
繭は良かったかもしれませんが,今度は澪がなぁ。

姉の繭は片足が不自由で,今度は澪が○○になるという状況ですから,変わらず救われません

つーか,親泣くぞ。

まぁどちらにせよこういうエンディングなのねー,と思っていてネットで有名攻略サイトを眺めていたら。

約束エンディングなるものを発見!!!!

これはPS2では見れないエンディングらしく,本日新機種発表と相成ったX-BOX版でしか見れないエンディングらしいです。
X-BOX,仕事の上司に貸していまだ返却されていないよ。

さらに,約束エンディングが見れるサイトがあるということで,調べてゲット。

約束エンディングも同日に見てしまいました( ´∀`)


これは最高のエンディングでしたね。素晴らしい。
繭も澪も幸せ?でしたし,二人とも何事も無く村から脱出できたし。
ゲームの性質上,おそらくEASYモードのエンディングが一番自分にはしっくりきましたが,やっぱりこの双子には幸せになってもらいたいものがあります。



しかし・・・・・・。
有名攻略サイトで,HARDモードでのラスボスの戦闘中に,繭の真意が聞けるらしいのですが・・・。その繭の台詞がのっているわけですが。

Σ(゚ロ゚)



繭,怖すぎ!!!!!(´・ω・`)

そういう真意だったのか。
つーか,HARDモードでのエンディングで,若干笑みがあったようなきもしたけれども,それがそういう意味だったのか!?

紗重も怖いが繭も怖い。
つーか二人とも激・怖すぎ。
紗重の「殺して・・・・・」の意味もわかるのだが,繭の「ずっと一緒」という台詞の意味の深さといったらもう。

千歌音ちゃんはもっと自分を殺していたぞ!( ´∀`)
まぁ仮に神無月の巫女の場合でも,あんなオロチが出てこなければ,いつか千歌音ちゃんも姫子といつまでも一緒にいたいがため,何かしら手段を講じて一緒にいるようにしたかもしれませんが・・・・・・。
いや千歌音ちゃんはそんな女ではない(落ち着け自分)。

これで百合度も高いゲームであることが判明しましたが,それにしてもネットでは千歳ちゃんという霊が人気あるようですね。
・・・・・・わからん,怖いじゃないか。
可哀想だとは思うけれども,何で出て来るんだよとか思うし最弱な敵キャラだとは思うのですが,萌えまではw
自分としては澪が好きですけれどもね。


とにもかくにも面白いゲームでした。
やる価値が非常に高かった。エンディングを全部みた今でも,HARDモードでクリアしたいと思っているので,これからちゃんと2回目をやるつもりです。


さて,そんな「零」ですが,今年の7月に最新作が発売されるとの事。

「零〜刺青の聲」

とのタイトル。
公式サイトに行くと,何だか黒澤怜という主人公なんですが,黒澤といえば,今回やった紅い蝶の黒澤家に関係が有りそうです。紗重や八重の血筋ということでしょうかね。しかも,雛咲深紅という「零」(第一作)の主人公が再登場。
やばいよ「零」のストーリーなんかもうほとんど覚えていないよ。
完結編,というかんじなのでしょうかね。
どうしてこういう物語は三部作なんでしょうか。

どちらにせよ。

絶対に買う!!!!

零 〜紅い蝶

零 ~紅い蝶~
零 ~紅い蝶~

ひさびさにゲーム買いました。

最新のゲームではありませんが・・・・・・・。

いわゆるホラーゲームなのですが・・・・・・・・・。




怖ぇぇ!!!!Σ(゚ロ゚)


面白ぇ!!!!!( `Д´)ノ


まだ5時間程度しかやっていないのですが,本当にホラーゲームとして素晴らしいできだと思います。
前からやりたいと思っていたのですが,ようやくやったのでありますよ。
前作の「零」はやっていたのですが,記憶が薄れていまいち感想がありませんでしたが,今回は自分的に大ヒット。

ヘッドフォンをしながらやるのがとても大事ですね。
突如耳元で「殺さないで・・・・・・」とか囁かれた日にはもう( ´∀`)

写真を撮影して悪霊を倒しながら進むゲームなんですけれども,この悪霊もまた怖いんだよ顔が。
写真を撮った瞬間,撮った霊が写るのですがもう気持ち悪くて,ついでにアルバムモードなんぞもあるのですがアルバムモードなんぞ見たくも無いですよ。

しばらく操作せずにほっといたらイヤなスクリーンセーバーも始まりやがるし。

もうホラーの王道をいっているというゲームですね。ホラー好きにはたまりません。

ストーリーは「地図から消えた村」に閉じ込められた双子の姉妹が,過去の双子に関する残虐な祭りに関係して大変な目に遭う、というものですが(エンディングも予想がつく感じがしますが,期待を裏切ってくれるのでしょうか)。

それにしても,


主人公の澪,度胸ありすぎ!Σ( ̄□ ̄;)


真っ暗で血塗られた建物の中を平然と走り回り,扉をバカバカ開けてどんどん進んでいくその姿は,まるで戦争に慣れた兵士のよう。普通だったら暗闇に恐怖に震えてすくんでいるはずですよ。
どこかしら泣き声や叫び声がしているし。
この澪の恐怖心の無さは一体何なんでしょうか。一応ムービーでは怖がった振りをしているがな。

ついでに繭。
足を怪我しているという設定上やむを得ませんが,走るの遅すぎ!
んで離れると「待って」とかいうの怖すぎ!
ついでに勝手にどっか行き過ぎ!
うろつくなよ!
追いかける澪の身にもなりなさい。あなたお姉ちゃんでしょ。

即死する敵キャラもいますし(女の霊がまた怖い。こいつは沙重で間違いないんでしょうね),中々気の抜けないゲームです。
EASYモードでやっていますので,サクサクと進みますが,慣れればノーマルモードでやりたいですね。

はやくエンディングが見たいものです。

頑張らなければ。



イース最新作発表!

もはや過去の伝説のゲームである「イース」。
ファルコムの代表作であり、ゲームで「リリア萌え(*´д`)」と言わせた元祖萌えゲーム(?)。

イースなんぞもはや出ていないのにイース。

イースなんて話にも出てこないのに、タイトルはイース。

つーか「アドルの冒険」じゃぁ誰も買わないだろうと思われるのでやむをえないというか有翼人つながりっつーか。

それで最新作の発表です。

「イース−フェルガナの誓い」

なぜイース7ではないのか?
どんなシナリオなのか?
やっぱ主人公はアドルなのか?
つーかぶっちゃけレアやフィーナはもう出ないのか?

と謎ばかりです。
買うかどうかとても悩ませる作品であります。イース6レベルだと欲しくは無いが・・・・。
英雄伝説のほうが気になるし・・・・。


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 光の帝国―常野物語 〜恩田陸 (小説・ネタバレ)
    加藤
  • PSPバリューパック 買えました(・∀・)
    名無し
  • VIDEO 「ザ・リング2」 感想などを〜(ネタバレあり)
    チェリーチェリー
  • VIDEO 「ザ・リング2」 感想などを〜(ネタバレあり)
  • F1 イギリスGP 決勝を終えて
    セクター
  • F1 カナダGP 予選終了
    セクター
  • 六番目の小夜子 (NHKドラマの感想)
    ---haruka---
  • 全然更新できないっす・・・・(´・ω・`)
    kobashi
  • 全然更新できないっす・・・・(´・ω・`)
    より
  • 全然更新できないっす・・・・(´・ω・`)
    より

profile

書いた記事数:462 最後に更新した日:2013/12/02

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM